必要不可欠なグルコサミン|メーカーを選んで体に合ったものを選ぼう

ウーマン

アレルギーの予防が可能

男女

たくさんの栄養素を摂れる

青汁の特徴としては、食物繊維を豊富に含んでいることや、栄養素が豊富であること、抗炎症作用が期待できることなどがあります。市販されている青汁の多くの商品に含まれている原料は、ケールや明日葉、大麦若葉などとなります。これらの原料から摂取できる栄養素としては、タンパク質や食物繊維、カルシウム、鉄分、亜鉛、ビタミンなど様々なものを挙げることができます。ベータカロチンやカリウムなども豊富に含んでいるために、食事だけでは摂取できない様々な栄養素の補給に役立つ点が特徴です。食事ではこれだけの栄養素を同時に摂取することは困難と言えますが、青汁であれば飲むだけで全て摂取できることが大きなメリットです。近年ではひと昔前と比較して、飲みやすい商品が増えていることも特徴となります。

炎症を抑える作用がある

抗炎症作用のある成分として、クロロフィルやSOD酵素がありますが、これらの成分についても青汁に含まれています。一般的に野菜に多く含まれている成分で、喫煙やアルコールを摂取する人、ストレスが溜まっているときに青汁を飲むことで、炎症作用の効能によって疲労を回復できます。炎症が慢性化することによって、病気の原因やアレルギーを引き起こすことにつながりますので、抗炎症作用のある野菜を摂取しておくことは重要です。食事では摂取できない栄養素であっても、青汁であれば手軽に摂取できるので炎症を抑えて健康を維持することにつなげられます。青汁は食物繊維も豊富ですので、腸内環境を整えることで体内の余計なものを老廃物として排出できます。